セルフクリーニングする外壁

家の模型と刷毛

愛知では、歴史的建造物が多く、腕利きの職人(宮大工)による外壁塗装の依頼が可能で、必要性を特に感じるのは築年数10年を超える中古住宅です。外観のイメージは、使用する外壁材や屋根材によってもまったく違ったものになります。外壁に一般的なサイディングを使った場合でも、厚さや色の張り分けによっても印象が大分違ってきますし、材料を変えれば質感も変わります。近年では、光触媒の持つ分解力や、親水性を活かしたセルフクリーニングをするものまであります。外壁の汚れまでが気にならない素材を用いるのも一法でしょう。ちなみに、新のデザインだとしても、10年、20年先も住み続けることを前提に、色褪せない、飽きのこないものを選びましょう。

組み合わせも自由にできる

塗装作業

中古住宅を取得した場合、リフォーム済みならば問題ありませんが、何も手が施されていないなら、外壁工事も必要です。愛知の業者選びでは、安さより技術を重視しましょう。外壁塗装でも、屋根と同じく、仕上げで重要なのは雨水の侵入を防ぐことです。そのため、どの外壁材を採用している住宅でも、防水シートを施工したり、シーリング工事をします。工期は、約10日から2週間程度が目安です。また、外壁材や塗料を組み合わせてデザインする方もいます。技術的には問題ありませんが、耐久性などに疑問点のある組み合わせの場合もなきにしもあらず、業者とよく話し合って決めていきましょう。

メンテナンス時期を知らせる

家の模型

外壁塗装では、素材の種類や色、張り分けなどで悩まれる方が多いのが実感です。家の部分に大きく関わる部分ですから、当然のことでしょう。外壁塗装では、外壁材に適した塗装が施されますが、色付きから透明な塗料までがありますし、耐火性や耐水性、耐候性で選びましょう。そして、塗料の機能上、10年に1度というメンテナンス性も大事な点です。ですから、その間、愛知の業者からはメンテナンス時期を通知するサービスも行ってくれます。また、決して安い工事ではないので、その間の資金計画などまで行ってくれる、優良業者まで存在しています。

長期保証を付けてもらう

塗装作業_

ヒビや剥がれ落ちなど、外壁が傷んでいると家は古びた印象になりがち、外壁に多く使われるサイディングは、耐久性に優れているが、その継ぎ目に使われるコーキング材にはそれほど耐久性がありません。先に述べたように、10年で塗り直しとなれば、1回あたり愛知でも約50万円ほどになります。外壁塗装のみならず、屋根も同時期にメンテナンスするとなれば、費用もかかります。そこで、5万円からのコーキングだけでも数年に1度の頻度で施しておくだけで、機能の著しい劣化もないでしょう。ちなみに、構造や躯体のみならず、1度施工をすることで長期保証を付けている業者もあるようで、そうしたところに相談するのも良いでしょう。